独立創業支援事業

独立創業支援事業

本事業の背景

近年長期化した不況により、我慢することを自然と身につけ夢や希望を持てないでいる若者達が多くいます。そして時代はゆとり世代からさとり世代へと変わって行きます。

これは、日本の教育方法のあり方が大きな原因ですが、次々に生まれてくる便利な道具に囲まれ、満足できてしまう生活環境自体も影響の一つではないでしょうか。

一方、不満だらけの生活の中、夢を抱きながらも現実的な壁を前にして、足がすくみ第一歩を踏み出せない若者も実在します。

企業は昭和の時代とは違い、リストラもなく永久的に働けるところがありません。

人は成長に伴い責任義務が増えます。その中でこれからの時代を国や地域などに依存せず自分の力で生き抜く強さを求められます。

今後も新たな不況が起きて厳しい社会情勢に陥ることもあると思いますが、ともに悩み、ともに乗り越えて行ける、若くて強い創業者を育てていきたいと考えています。

社員の独立・創業を支援し、独立後は良きパートナー会社として取引していく事が本事業の主目的であり、当社の新しいビジネスモデルとして創り上げてまいります。

本事業の基本方針

  • 将来独立したいと考えている社員に、会社経営に必要となる知識及び心構え等を教育し、独立を実現させる。
  • 毎年4月から翌年の3月までを1クールとし、年間10回の講義を実施する。
  • 各自のペースで習得し、何クール受けても良い。
    (最終的に独立する・しないは自己判断とする)
  • 事業の内容は情報処理サービス業内に限定する。
  • 独立後は優先的に仕事を発注する。

教育内容

  • 会社の設立手続き
  • 事業計画の立案
  • 経営者の経験談
  • 経理処理の基本
  • 決算書の見方
  • 融資の受け方
  • 不況を乗越える
  • 倒産とは

新卒者・求職者の皆様へ

皆さんがこれまで学校で学んだ事や築き上げてきた人間関係をこれからの社会人生活に活かして行きましょう。

まだ経験したことのない出来事やこれから出会う様々な人たちと、どのように向き合っていくかを共に学び成長して行きましょう。

皆さんのはかりきれない可能性や発想は今後の社会にとって必要不可欠となる貴重な原石です。胸を張って希望を持ちながら楽しい人生を育んで行きましょう。

夢と希望を持ち続け、いきいきと働きたいとお考えの方たちをお待ちしております。

株式会社ティー・エム・シー
代表取締役  千葉 直樹
ページ上部へ戻る