ご挨拶

「人創りこそ、会社の発展!」代表取締役 千葉 直樹

本コンテンツを御覧の皆様、ありがとうございます。
私は、株式会社ティー・エム・シー代表取締役の千葉直樹と申します。

会社としての創業は昭和の後期で当社は平成2年に設立いたしました。
おかげさまで昨年25週年を迎えることが出来ました。
これもひとえに取引先やスタッフそして家族や友人のおかげと感謝しております。

思い起こせば設立当初から、バブル崩壊や長期に渡る不景気時代の到来・とどめを刺すかの如くリーマン・ショックによる世界的大不況に見舞われました。更に阪神淡路大震災と東北大震災という我が国の歴史に残る大災害がありました。このような負の経験より我が国のあり方や価値観そして企業としての今後進むべき方向性に変化が生じていると感じています。

このような経験の中から経営者は企業としての責任と義務およびこれからのあるべき姿を模索していかなければならないと考えています。本来企業の基本的な考え方としては利益追求・売上重視と多くの人達が言いますが、これからはそのための内容や手法までが良し悪しを評価される時代であり、すべてが揃わなければ会社は継続出来ないと考えています。

会社とは必要とされるお客様がいなければ存在できませんし、お客様の要求は大きく変動することもあります。また、昭和時代の終身雇用というものも今はありません。

私は、このような時代において企業が求めるもの、社員が求めるもの、地域が求めるもの、地域貢献のあり方等の視点から、新しい時代のITサービスを創出し、これらの問題を解決出来る企業として在り続けていきたいと考えています。それを実現するために当社ではスタッフに対する「人創り」を重要課題として位置づけ社員教育(独立創業支援を含む)に取り組んでいきます。スタッフに対して、業務の達成感と充実感を、社会人としての責任感と存在感を、当社スタッフとしての満足感と誇りを持てるような人間力の高い人創りを実現し会社と共に繁栄してまいります。

株式会社ティー・エム・シー
代表取締役 千葉 直樹
ページ上部へ戻る